酵素が不足すると血液がよごれ、病気の原因に・・・

私たちが食べものを食べて、口の中で咀嚼をしていきますが、
このとき、唾液の中にあるアミラーゼによってデンプンが分解されます。

デンプンとうのは、ブドウ糖が数珠つなぎになっているようなイメージで、
このデンプンのままでは身体が吸収してエネルギーとして使えません。
そこでアミラーゼが数珠の玉を一つ一つに分けていきます。
この一つ一つになったのがブドウ糖です。

私達が食べるお肉やご飯は、分子量が大きいのでそのままでは体が吸収できません。
そこで、お米に含まれるでんぷん質を⇒ブドウ糖に、
細かく分解する役割を持つのが「酵素」なんです。
でんぷんやタンパク質を細かく切るハサミの役割が「酵素」という物質です。

この分解が酵素不足で不十分だと、未消化のものが血液の中を漂うこととなります。
未消化の糖は血液をドロドロにして赤血球どうしをくっつけてしまいます。

赤血球というのは直径が約7ミクロン、毛細血管は5ミクロンです。
なぜ、血管よりも赤血球は大きいのに、血管の中を流れるのか?
赤血球というのは柔軟にできていて、自分よりも細い血管を通る時は変形して通ります。

でも、血液がドロドロで、ルロー(連銭状態)になってしまうと細い血管を通れません。
身体の中を張り巡らされている血管の長さはおよそ10万キロメートル、そのうち約90%は毛細血管です。

このような状態では、体中の細胞に血液が行き渡らなくなり、様々な病気を引き起こすようになってしまいます。

しかし、ドロドロして汚れた血液でも、酵素が十分にあれば、連なりがとけてサラサラした血液になります。

デンプンだけではなく、タンパク質や脂肪も同じです。

このような酵素不足を引き起こす原因というのは、
・食べ過ぎ
・加熱調理されたもの
を食べるようになったからです。

加熱調理された食べ物には、酵素がないので、身体が自前で消化するために酵素を作らなければなりません。

食べ過ぎや、病気・加齢で酵素をつくる力が弱くなっている人では、酵素を作るのが追いつかなくなります。
それで、食べたものが十分に分解されないまま、体の中に入ってきてしまいます。

この場合、本人は栄養を摂っているつもりで食べても、身体の中では異物となってしまってます。

よく腹八分といいますよね、食べすぎや、加熱調理が多いお食事は酵素を無駄遣いします。
満腹、大食というのは、百害あって一利なしです。

基本は、よく噛む、噛む、噛む!そして、ゆっくりと時間をかけてお食事をする。
そんなゆっくり食事をしてる時間なんてない!という方、早食いの方、
食べる順番を意識して、生野菜や蒸した野菜から食べ、発酵食品、食物繊維、ファイトケミカルが豊富な
お食事で、なるべく体の中の酵素を使わないようにしたお食事を心がけるといいですね♪♪