母なる大地がくれた奇跡の贈り物

コロナ渦に見舞われた世界を生き抜いていく試練の中、思いは一つになっているのを感じます。

大切な人を守りたい。

子供たち、孫たちへ健やかな未来をつなげたい。健康や免疫力アップなどに。

 

母なる大地は、植物を育み、動物を育て、私達人間にも限りない恵みを与え続けてくれています。

『大地の母乳』と呼ばれるエキストラバージンココナッツオイル『いのちの雫』はココヤシの胚乳から、常温自然分離法により「舐めてよし、塗ってよし」と言われ、自然が届けてくれた万能薬、とも称されます。

 

植物性オイルは、主に長鎖脂肪酸なのに対し、飛びぬけて「中鎖脂肪酸」が豊富なココナッツオイル。

その中でも、「いのちの雫」は、特に若い実の、また粘膜のような胚乳から頂く非常に希少なエキストラバージンです。

 

赤ちゃんが健やかに育つために、母乳脂肪に約7%含まれるラウリン酸が免疫力を高めてくれますが、「いのちの雫」のラウリン酸はなんと、48.2%。

最も免疫力を高めたい、と求められる、今の社会において、約50%のラウリン酸の含有量は、奇跡とも言えます。

しかも、スプーン1杯の「いのちの雫」を舐めたり、肌に塗るだけ、です。

 

自らがもつ酵素や常在菌で代謝することで、安全で強い抗酸化力で守ってくれ、胃の粘膜胃保護や腸内細菌も整えてくれる、ココヤシの恵みに感謝でいっぱいになります。

 

しかも、常温発酵分離法で、抽出の過程での熱による消滅がないので、抗酸化ビタミン(若返りビタミン)にあげられるビタミンEトコフェロールの抗酸化作用の、なんと約50倍とも言われる「トコトリエノール」が、しっかりと残っています。

トコトリエノールは、末梢血管の改善も期待できますから、老化予防には欠かせません。

 

実際の年齢を聞いて、驚くような若々しくてツヤツヤのお肌をされている方々は、皆さん必ず「とにかく、朝晩、雫をたっぷり、塗っています」とおっしゃいます。

さらに、「紫外線対策で、日中も塗っています」とおっしゃるように、1日中、雫でケアが出来ます。

 

艶やかで弾力のあるお肌は、心の元気にも直結します。しかも、会った人まで元気にしてしまうのです。

まさに、「口からも肌からも食べられる」と表現されるのは、トコトリエノールの「超・抗酸化作用」と中鎖脂肪酸が肌の常在菌のごちそうになって、弱酸性の潤いのヴェールで包んでくれるからです。

その潤いは、「バリア機能」として、有害なウィルスや細菌、炎症物質の侵入も防いでくれます。

線維芽細胞の増殖や血管新生の増加も期待できるので、シワや頭皮や毛髪のケアにも最適!

傷の治りも早く、キレイになったという方も多く、まさに「これ一本」で毎日の生活を心強く守ってくれる

「いのちの雫」。

大切な方への贈り物としても、本当に喜んでいただけます。

 

かけがえのないご自分を大切に慈しむようにワンスプーンで摂ったり、温めた雫で肌を包んで、うっとり。

 

心と体が満たされていくひと時が、「今」を豊かにし、自らの生命力で実感できる。

それが、「いのちの雫」です。

 

母なる大地がくれた奇跡の贈り物~「いのちの雫」~から、大自然のパワーを感じ、不安から、守られている安心へ変わっていくことでしょう。

春の明るい光を浴びて、輝く笑顔で過ごしていけることでしょう。

 

いのちの雫」ご購入は、お電話でお問合せ下さい